新型コロナウイルスにかからないためにやるべき予防3つ

健康

 

こんにちは!風邪を引くとクビになるレベルで院長に怒られるHachikenです!

 

現在どこのテレビをつけても、ネットニュースを見ても「新型コロナウイルス」について報道されています。

 

僕が働いている整骨院では「健康と安全」に関しては厳しいので風邪を引くなど言語道断!

めちゃくちゃに怒られます!笑

そんな環境で働いていて、僕が周りの家族がインフルエンザにかかっても僕だけ伝染らないで元気でいれた方法をお伝えしようと思います。

そもそも予防の前提として

僕は、そして働いている院でも患者さんにお話しているのは「自分のディフェンス力を上げる」ということです。

要するに免疫力を高めてあげることが大事になってきます。

更にいうと「感染」と「発病」とで少し違います。

感染 病原体がヒト、動物に進入して増殖または成長する状態

発病 病原体の感染により、臨床症状、健康障害をおこした状態

http://pmet.or.jp/koushu/docs/no6-2.html

ニュースで多く報道されているのは「感染」です。

しかし、感染とはウイルスが身体の中に入った時点で感染です。

新型コロナウイルスの症状である咳や発熱、消化器症状が出ると「発病」です。

僕の考えでは感染しているのはもっと多いのではないかなと思います。

感染してもそれに対応できる身体の免疫力を持っていることが大事だと僕は思っています。

では免疫力を高めて新型コロナウイルスを予防するためになにをしたらいいかをお伝えしていきます。

コロナ予防①睡眠時間7〜8時間の確保

人間は寝ているときに身体の修復が行われます。

この睡眠時間が少ないと十分な修復がされないまま活動を再開しないといけません。

人それぞれに適した睡眠時間があるので難しいのですが、

ショートスリーパー1割、通常の人(バリュアブルスリーパー)8割、ロングスリーパー1割ほどの割合なので、これを見ている人ほとんどが真ん中だと思うのでそれを前提にして話します。

今は「睡眠負債」という言葉が広まってきているので寝不足の効率の悪さは皆さんご存知だと思います。

特に睡眠時間が6時間を切ってしまうと、心筋梗塞、脳梗塞のリスクが3倍以上、糖尿病などの生活習慣病のリスクも3〜6倍とも言われています。

ただでさえ睡眠不足は身体に良くないのに、そこに新型コロナウイルスが入ってきたらすぐに感染、発病してしまうと思います。

なので7〜8時間の睡眠時間を保つことが大事です。

1日2日少し頑張ってもあまり意味はないです。やはり続けることが大事になってきます。

まずは少しずつ、10分20分単位でベッドに入る時間を早めることをしていきましょう。

いきなり早く寝ようと思いいつもの時間より1時間2時間早く寝てもそれを続けることは難しいです。

少しずつ改善していきましょう!

口テープをして鼻呼吸をする

この寝ているときに、イビキをかいたり、口呼吸になってしまっている人が意外と多いです。

口は呼吸器ではありません。口は消化器です。

呼吸器である鼻をちゃんと使いましょう。

僕も子供の時から鼻が良くなく喘息持ちだったのもあり口呼吸でした。

それだと睡眠の質が下がってしまうのと、喉が乾燥してしまうためウイルス達が繁殖しやすくなってしまいます。

それを防ぐために口にテープを貼りましょう!

今では寝るとき専用の口テープも売っています。

僕はテーピングに使う伸縮のテープを使っています。笑

肌が弱い方にはテーピングはオススメしません!

そういう方は是非市販の専用の口テープを使ってみてください。

今まで睡眠が浅かったせいか夢を沢山見ていたのが今はほぼ見なくなりました。

それに口呼吸になっていたときは起きたら喉がカラカラですし、扁桃腺が腫れることも多かったです。

今では僕は口テープを使うようになってから熟眠度が全然違います!

風邪も引かなくなり良いことしかないので皆さんやってください。笑

コロナ予防②喉を常に潤す

1番の目的は乾燥防止です。

ウイルスは乾燥を好みます。

なので喉が乾燥状態だとそこからウイルスは増えていき発病してしまうので、それを防ぐために有効なのが以下の2つです。

水分をこまめにとる

こまめの水分補給が喉を乾燥から守ってくれるので効果的です。

過去に水分補給がメインではないですが、水分を取ることの大事さついて記事にしているので見てみてください。

僕が「ちょっと体調悪いかも?」と思ったときは「OS-1」に、上の記事でも紹介している「メダリスト」を混ぜて飲んでいます。

これがめちゃいいです。かなり効きます。

OS-1は「飲む点滴」と言われるほど体内への吸収率がいいためすぐに脱水状態から逃れる事ができます。

味がなんとも言えない味ですが、僕は嫌いじゃないです。笑

お近くのドラッグストアさんなどで買えると思うので買って飲んでください。

ガム・アメを食べる

こちらも乾燥を防ぐため、僕は普段通勤時にガムを食べながら行っています。

ガムやアメを食べることで唾液が出やすくなることで、口内、喉の乾燥を防ぐことができます。

僕的にはガムのほうが噛むことにもなって脳への刺激にもなりいいかなと思っていますが、どちらでも効果は一緒なので好きな方を選んで、ウイルス防止に徹してください。

コロナ予防③筋トレをする

ここで筋トレです。

「いや、意味がわかりません」というのは重々承知です。笑

ですが筋トレに限らず運動をすることは身体の免疫力を上げてくれる効果があります。

なので運動、特に僕は筋トレを勧めます。

 

注意したいのは「オープンウィンドウ」というのがあり、運動後30分〜6時間前後までの間、身体の免疫力が一時的に下がってしまいます。

その時はなるべく体温を下げないように、鼻呼吸意識して、水分とってをかなり意識してやる必要があります。それにプラスしてサプリメントとして「グルタミン」を取ることで免疫力向上に繋がります。

グルタミンは免疫に関わる細胞、リンパ球などの生成に必要なアミノ酸でそれを摂取してあげることで免疫力が向上すると言われています。

僕は筋トレ後にプロテインに混ぜて飲むことでオープンウィンドウの状態のときに免疫力を上げれるようにしています。

みなさんも是非運動、筋トレしてできればグルタミンを取るのをやってみてください。

まとめ

  • しっかり寝る
  • しっかり水分取る
  • しっかり運動する

こうまとめるとめちゃくちゃ当たり前のことじゃん!って思いますが、

その「当たり前」を続けることが難しいです。

身体に良いことだとわかっていてもできない。

逆に身体に悪いことだと思っていても変えられない。

そういう人が多いと思います。

今回のこの記事を読んでどれか1つでも今日からやってみてください!

いきなり多くやる必要はないです。続けられる範囲、無理ない範囲でやっていくといつの間にか変わっています。僕はそうでした。

新型コロナウイルスはまだまだ感染の影響は続くと思います。

ウイルスに勝てるような免疫力をつけていきましょう!

それでは、皆さんの健康を祈っています!