【腸活】冷たい飲み物は身体と筋肉に悪い!【免疫力up】

健康

 

こんにちは!

パーソナルトレーナーのHachikenです!

 

皆さん!

「冷たい飲み物」飲んでないでしょうか?

 

暑いときにキンキンに冷えた飲み物、運動した時の冷たい飲み物、美味しいですよね!

 

しかし、冷たい飲み物を飲むのは身体には良くないんです!

ではその良くない理由を解説していきます。

冷たい飲み物が良くない理由:内蔵温度が下がる

良くない理由としては『内臓温度が低下してしまう』ことです。

その結果2つの弊害が起こります。

タンパク質吸収効率の低下

胃酸の分泌が低下しタンパク質分解能が低下することでタンパク質吸収効率が悪くなります。

せっかく筋肉のためにとったタンパク質が上手く体に吸収されないとなると悲しいです。

もしキンキンに冷えた水でプロテインを割ったり、氷をぶち込んでいる人は今からやめてください。

 

免疫力の低下

内蔵温度が下がると機能が低下し免疫力が低下します。

内臓温度が1℃さがる下がるごとに免疫力は30%下がると言うデータもあります。

できれば夏でも内蔵のことを思って常温の飲み物を飲んであげてください。

 

 

まとめ

 

以上のことから、身体のことを考えると常温や少し温かい飲み物を飲めるのがいいと思います!

筋肉を大きくしたいなら普段から胃腸を労り、胃腸の気持ちになって常温や温かい飲み物を飲んであげましょう。

 

例外

もちろん冷たい飲み物を飲んだ方が良い場面もあります!

高温環境時や脱水状態、熱中症の時などは身体から放熱してあげないといけないので冷たい飲み物がベストです!

普段の生活の時は冷たい飲み物を避け、常温や温かい飲み物を取るように心掛けましょう!

 

Instagramやってます!
見てもらえると嬉しいです!
https://www.instagram.com/hachikenfitness_sapporo/?hl=ja

それでは!