オープンウインドウ説について

健康

 

こんにちは!

パーソナルトレーナーのHachikenです!

 

筋トレをしている人が今の時期気になるのは免疫が下がってしまうこと。
そのトレーニング後に免疫が下がることを「オープンウインドウ説」といいます。

 

今回はそのオープンウインドウ説について解説していきます。

 

「オープンウィンドウ説」とは

高強度の運動をすることで一時的に免疫機能が抑制されること。

なぜこれが起きるかというと、筋トレをすることで筋肉の損傷が起こり身体に『過剰な炎症』が起きやすい状況になります。

身体全体に炎症が起こると大変なので、それを防ぐために身体全体では免疫機能を下げ、いち早く筋肉の回復機能を上げるために起こります。

そして激しい運動だと腸の組織が損傷してしまい腸の防御機能が下がります。

そのままだと感染のリスクが上がってしまうので腸の防御機能も上がります。

なのでイメージ的には身体全体の免疫機能は『下がり』、筋肉と腸の機能は『上がります』。

オープンウインドウ説の期間

期間としては色々な情報がありバラバラで、

数時間のものもあれば、数日のものまであります。

多めに見て数日間は警戒した方がいいと思います。

 

オープンウインドウ説の影響をより少なくするために出来ること

では今の時期どうやって免疫機能を維持しながらトレーニングをすればいいのか。

1つはトレーニング強度を下げること。

激しい運動でなるということがわかっているので、いつも1時間、2時間近くやるのであれば30分や45分と時間を短くするのも良い方法です。

もう一つはグルタミンを多めに摂取する事です。

グルタミンは免疫機能を高めるアミノ酸です。

5~10gを1日3回に分けて今の時期は摂取してもいいと思います。 

おすすめのグルタミンは、
安さで選ぶならマイプロテインです。

https://hachifitness.com/myprotein

僕が今回買ってみたのはオプチマムニュートリションのグルタミンです。

https://iherb.co/ACsMw4f

まだ届いてないので届いたらレビューしたいと思います!

それでは!