夏までに腹筋をシックスパックにするのにオススメのトレーニング3種目

筋トレ

 

今年は腹筋を更にバキバキにしたいHachiです!

(一応上の写真は僕の腹筋です。笑)

筋トレしてるとなると1番言われるのは「じゃあ腹筋見せて!」です。

これが9割9分聞かれるので筋トレをしているならシックスパックであるに越したことはありません。

実際に腹筋が割れていると自分に自信がつくので、むしろ見せたいぐらいになります。笑

今回は実際に僕がやっている腹筋のメニューを3つ紹介していきます。

レッグレイズ

レッグレイズは、ライイングとハンギングとで種類があって

ライイングはベンチに寝た状態で脚を上げる

ハンギングはパワーラックやケーブルマシンの上のバーを掴んで脚は上げていきます。

できるならハンギングレッグレイズがオススメ

少し難易度が高いのですができるならハンギングレッグレイズのほうが負荷も高くなるのでオススメです。

難しければまずはベンチに寝てのライイングでやりましょう。

効かせるコツは

  • 腹筋に常に力が入っていること。
  • しっかり脚を顔につくくらいあげること
  • 脚を下ろすときはゆっくりでネガティブ意識

これら3つがしっかり意識できれば10回くらいで十分効きます。

10回×3セットでやってみてください。

ケーブルクロス、ウッドチョッパー

ケーブルで行う種目で、これは腹斜筋群を狙って行います。

腹斜筋群が発達していると骨盤の上にモリッと腹斜筋が浮き出てそれを見るだけで、この人やってるな。と思わせることができます。笑

やり方としては、

  1. 身体の右側にケーブルがくるように立つ
  2. 足を肩幅より少し広めにし、膝を少しだけ曲げます
  3. ケーブルを持つ両腕が完全に伸びている状態をキープしたまま左側に向かって上半身を捻る
    このとき右足を母指球を支点にして股関節を内に捻ります。

反対も同じようにやります。

ポイントは、腕を完全に伸ばすこと。身体を捻るのと同時に足も捻ること。そして腹斜筋群の負荷を抜けさせないことです。

これは慣れるまで左右差を感じやすいです。

ポイントを抑えながら動作もゆっくりやるのを意識するとしっかり左右の腹斜筋群に効いてくると思うので

片側10〜20回を3セットぐらいをぜひやってみてください!

ワイパー

これはハンギングレッグレイズができるようになった方はやってみてください。

これは今回オススメする腹筋メニューで一番キツイです!

腹筋全体がかなり刺激されるのでやってみてください。

  1. ハンギングレッグレイズと同じくラックやケーブルマシンの上のバーを掴みます
  2. レッグレイズように顔まで脚を上げます
  3. その状態で脚を左右に振る

これを左右合わせて20回を3セットやると腹筋バキバキになると思います。

ぜひやってみてください!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

全然やったことある!という方もいるでしょうし、これは初めて知った!という方もいるんじゃないでしょうか。

あとは皆さんがこれらの腹筋バキバキメニューを続けて、

夏までにはシックスパックになっていることを願っています!

僕もしっかり腹筋バキバキを続けていきます!

それでは!