感情はコントロールできる。感情がコントロール出来ると人生が好転する話。

Hachiken

こんにちは!Hachikenです!

今日あなたは何回感情的になったでしょうか?
何回怒ったでしょうか?何回ため息をついたでしょうか?

皆さんは別に怒りたくて怒ったりしないと思います。

なぜ怒ってしまうのかというと、
目の前に起こったことに対して感情で反応してしまっているのです。

しかしその感情はコントロールすることができます。

そしてその感情がコントロール出来るようになると人生が好転していきます。

どうやってコントロールするか、そしてどうやって人生が好転していくのかを書いていきたいと思います。

第一次感情と第二次感情

怒るというのはかなりの無駄です。
怒って得する人はおそらくいないです。
怒られた人はもちろん嫌な気持ちになりますし、怒ったほうもその時は気持ちが発散できて良いかもしれませんが、怒った人への周りの評価は「厳しい人だ」「怒られたくないから別の人に聞こう」となる人もいることを考えると怒った人もマイナスです。
つまりLose-Loseの関係になります。
これを自分が感情をコントロールしてなるべくWin-Winの関係にもっていくことをします。

なぜ怒りなどの感情はコントロールできるかというと、第二次感情だからです。

目の前で嫌だなと思うことがあって、そこで感情として怒りを選択したり泣くという選択をしたりします。

要するに怒るという前に第一次感情として腹が立つような事があり、その結果行動として怒るという第二次感情を選択しているのです。

なのでその怒りという第二次感情を選択しなければいいのです。

感情のコントロール

いや、その怒るのが止められないんですよ!
と怒ってしまう方。

わかります。笑
僕もそうでしたし、まだ完璧にできているわけではありません。

ですが、一回落ち着いて考えてみましょう。

・目の前で起こった出来事について。
・まずなぜそれが起きたのか。
・人が関わってるなら、なぜその人はそのような事をしたのか。
・そして自分はそれに対してどう思うのか。

これらを1度だけ第二次感情の怒りを選択する前に考えてみてほしいです。

例えば、上司に「あそこの資料もってきてくれ」と言われて資料を持っていくと、「これじゃないよ!普通にわかるでしょ?!」と言われたとします。

単純に見たら、ふざけんな自分で取りに行けよ!とか、わかるように説明しろよ!と思いますがそこで一度落ち着きましょう。笑

さっきの考える項目に合わせると、

・自分が取りに行った資料を間違えて上司が怒っている。
・なぜ自分に取りに行かせたのか。
・なんでこれぐらいことでこんなに怒るんだろう。
・こんなにすぐ怒るってことは疲れてたりプライベートとかでなにかあったのかな?

こんな感じで考えてると不思議と怒りという感情は選択しなくなると思います。
最後の感じまで考えていると怒られたのに逆に「疲れてるんですか?」と心配の声をかけたくなるぐらいです。

逆に上司側の目線で感情をコントロールできるか考えてみます。

・部下が持ってきた資料が間違っている。
・なぜ部下は持ってくる資料を間違えたんだろう。
・自分が説明不足だったのかもしれない。
・そもそも自分の話をあまり聞いていなかったかもしれない

こんな感じなら上司も怒ることをせずに、なぜ部下が間違えたのかを冷静に判断できますし、どの段階でできていなかったのかを確認することができ結果的に部下の成長に繋がりやすくなります。

なのでで感情をコントロールすることができると色んなところで良いことが増えてきます。

ネガティブからポジティブに変換

これを日常的に訓練していくとネガティブなマインド、辛い、悲しい、怒りなどをポジティブなマインドに変える事ができます。

単純にさっきの設定であそこまで落ち着いて考えることができたら、「自分が悪いな。けど上司の説明も悪かった。だからどっちもどっちだな。」と考えることができます。

これからの日常でネガティブなことは一度落ち着いて考えてみてポジティブに変換してみてください。

ポジティブな思考が人生を好転させる

単純に考えてみて欲しいのですが、

・なんでもネガティブに捉える人
・なんでもポジティブに捉える人

どっちが幸せでしょうか?

僕はポジティブに考えられる人のほうが幸せだと思います。

何が起きてもポジティブな思考にシフトすることができれば人生はかなり良い方向へと進んでいきます。

まず落ち込むことがなくなるので常に前向きでいることができます。
ポジティブに物事を捉えれるようになると行動的になります。
ポジティブで行動的になると仕事やプライベートで結果が出ます。

そうやって人生が好転してきます。

大切なことは何回も何回も続けることです。
継続するということはかなり難しいことです。

しかし止まることなく考え続けられれば確実に良い方向に向かいます。

まとめ

・二次感情を選択出来るようにする。
・そのために起きたことに対して一度落ち着いて考える。
・そして二次感情をポジティブなものにシフトする。
・それを繰り返しやる。

これらをやっていけば感情をコントロールして人生を好転していけます。

普段の生活からネガティブなものにはなるべく触れずにポジティブなものに触れるようにしましょう。

普段見ているテレビや他メディアは不安を煽るようなニュースやネガティブになるようなものばかりを取り上げます。(だから僕は見ないです)

それはそのほうが視聴者が見るからです。気になるからです。

今は特に、新型567の影響でネガティブな情報をそのまま受け止めてしまう人が多いように感じます。

なのでこれを見た方の1人でも多くの人がポジティブに切り替わり人生を好転させてもらえると嬉しいです。

参考にした著書が7つの習慣の中の第一の習慣である「主体的である」です。

それでは!